大人ニキビ アクネ菌

MENU

本当に知ってる?アクネ菌の実態

ニキビの原因として有名なアクネ菌ですが、実は悪い菌ではありません。
アクネ菌は、皮膚のバランスを保つために必須となる菌です。ニキビのない健康な肌にもアクネ菌は常駐しています。
よく弱酸性の肌が健康な肌であると言われますが、この「弱酸性」を保っているのがアクネ菌なのです。病原菌の増殖を防ぐ作用も持っています。

 

では何故、アクネ菌がニキビを引き起こしてしまうのか。
それは皮脂の過剰分泌により、アクネ菌が増殖しすぎてしまうためです。

 

アクネ菌は皮脂を栄養にしています。
また、皮脂が増えると毛穴が詰まりやすくなってしまうことも、ニキビの要因です。これは、水垢で汚れた蛇口を想像するとわかりやすいでしょう。
皮脂は毛穴から出る老廃物です。出入り口が狭くなれば、外へと流れ出ずに毛穴の内側へと蓄積されます。
そして、毛穴の内側に溜まった皮脂にもアクネ菌は定住します。アクネ菌は酸素を嫌うため、毛穴の中に溜まった皮脂は住み心地のよい環境なのです。もちろん内側で生まれたアクネ菌は外へ出ようとしません。
結果、毛穴の内側でアクネ菌が異常繁殖してしまいます。
これが「アクネ菌がニキビの原因」とされている仕組みです。

 

上記の文を読んで、「洗顔で皮脂を落とせば、毛穴は詰まらないんじゃないの?」と疑問を持った方もいらっしゃるでしょう。
その疑問は正解です。どれだけ皮脂が多くても、洗顔をキッチリ行えていれば、ニキビができることはありません。
ただし、正しい洗顔を行わなければ、今度は皮膚が傷ついてしまう・乾燥してしまうことになります。これもニキビの大きな要因です。
つまり、皮脂だけをしっかり落として、保湿を行えるニキビ化粧品を選ぶことが、ニキビ予防・ニキビ肌改善のキーポイントとなります。

 

 

関連ページ

汗はニキビの味方
ニキビができない肌は、健康的な汗を掻く肌です。汗を掻かない肌は健康的とはいえません。それどころか、老廃物を溜め込んだ悪い肌とすらいえます。
潰して治すニキビ治療
皮膚科でニキビの診療を受けると、潰して治すニキビ治療を勧められることがあります。しかし、皮膚科の医師が推薦しているからといって、全面的に正しい治療方法であるとは言い切れません
同じところに繰り返しできるニキビ

同じ場所にニキビができる理由は、部位によって理由が違います。
部位ごとの原因を知って、適切な対処を行っていくことが大切です。
まずは、全てのニキビに共通している原因を挙げていきます。

背中ニキビは何故できる?

背中は汗腺が少ない部位です。しかしながら、顔の次にニキビが発生しやすい部位として挙げられています。
その理由は、汗腺が少ない割に汗をよく掻くからです。
背中は他の部位と比べて、10倍の汗を掻く部位だと言われています。

大人ニキビ向けのニキビ対処法

大人ニキビと思春期ニキビは、同じニキビですが発症原因が違います。
思春期ニキビは、汗を掻きやすい春~夏が発症しやすい季節です。
大人ニキビは季節を問わずに発症します。