大人ニキビ 汗

MENU

汗はニキビの味方

ニキビができない肌は、健康的な汗を掻く肌です。汗を掻かない肌は健康的とはいえません。それどころか、老廃物を溜め込んだ悪い肌とすらいえます。

 

汗は、体の中に溜まった毒素を体外へと出してくれます。つまり、汗を掻かないと、どんどん体の中に老廃物が溜まってしまうのです。
実際に普段から運動している人が汗を掻いても、さらっとした汗しか出てきません。この汗は毒素が少なく、99パーセントは水分です。弱酸性ですから、雑菌が繁殖する心配もありません。
しかし普段、汗を掻かない人が久しぶりに汗を掻くと、ドロドロの汗が出ます。臭いもきつく、顔や体にベットリと張り付く汗です。この汗はアルカリ性ですので、雑菌の繁殖力が高く、長時間、皮膚に残ればニキビの原因ともなってしまいます。

 

一見、よいところがないように思えますが、毒素を体外へと排出している過程ですので、悪い汗を掻くことも健康に繋がります。
ニキビにも高い効果を発揮してくれる汗です。
ニキビができる肌は毛穴に汚れが溜まっています。汗はこの汚れも皮膚の表面に押し出してくれるのです。
また、汗は角質層に水分を与えてくれます。角質層は肌の奥深くに存在しているため、ニキビケアの化粧水でもなかなかケアできません。特に肌の
ターンオーバー能力が落ちて、表皮が古い角質で覆われている肌は深刻な角質層の潤い不足に悩まされています。

 

つまり、ニキビケアのためにも、汗を掻くことを嫌ってはいけない、ということです。ニキビを根本的に治したいなら、なるべく汗を掻くよう心がけてください。サウナや半身浴など、汗を掻く方法はたくさんあります。
もちろん、汗を掻いた後は洗顔と保湿を行いましょう。せっかく汗を掻いても、その汗で毛穴を封じてしまってはニキビケアの効果を得られません。

 

 

関連ページ

潰して治すニキビ治療
皮膚科でニキビの診療を受けると、潰して治すニキビ治療を勧められることがあります。しかし、皮膚科の医師が推薦しているからといって、全面的に正しい治療方法であるとは言い切れません
本当に知ってる?アクネ菌の実態

ニキビの原因として有名なアクネ菌ですが、実は悪い菌ではありません。
アクネ菌は、皮膚のバランスを保つために必須となる菌です。ニキビのない健康な肌にもアクネ菌は常駐しています。

同じところに繰り返しできるニキビ

同じ場所にニキビができる理由は、部位によって理由が違います。
部位ごとの原因を知って、適切な対処を行っていくことが大切です。
まずは、全てのニキビに共通している原因を挙げていきます。

背中ニキビは何故できる?

背中は汗腺が少ない部位です。しかしながら、顔の次にニキビが発生しやすい部位として挙げられています。
その理由は、汗腺が少ない割に汗をよく掻くからです。
背中は他の部位と比べて、10倍の汗を掻く部位だと言われています。

大人ニキビ向けのニキビ対処法

大人ニキビと思春期ニキビは、同じニキビですが発症原因が違います。
思春期ニキビは、汗を掻きやすい春~夏が発症しやすい季節です。
大人ニキビは季節を問わずに発症します。