大人ニキビ 繰り返しできるニキビ

MENU

同じところに繰り返しできるニキビ

同じ場所にニキビができる理由は、部位によって理由が違います。
部位ごとの原因を知って、適切な対処を行っていくことが大切です。

 

まずは、全てのニキビに共通している原因を挙げていきます。

 

1.皮脂が分泌しやすい部位だから

額やこめかみ、鼻などは顔の中でも皮脂が多い部位です。皮脂が多い部位はアクネ菌が繁殖しやすいため、ニキビも発症しやすくなっています。
洗顔でしっかりと皮脂を洗い流すことが重要です。

 

2.ニキビが出来た後、毛穴が開いてしまうため

ニキビにはコメドと呼ばれる芯があります。ニキビが完治して、コメドが消えても、コメドによって押し広げられた毛穴は、なかなか元通りのサイズに戻りません。また乾燥によって毛穴が開いていることもあります。
「毛穴に汚れが溜まらないよう、洗顔をしっかり行うこと」、「保湿を行い、毛穴の上に潤いのバリアを構築すること」がポイントとなります。

 

3.毛穴の奥に膿や炎症が残っている

炎症が治まっても、毛穴の奥に膿が残っていたら、ニキビは再発してしまいます。炎症が治まったからといって、洗顔を怠ってはいけません。
一度、ニキビができた場所は再発しやすいと覚えておきましょう。

 

続いて、部位ごとのニキビ発生原因を挙げていきます。

シャンプーのすすぎ残しや前髪の汚れといった、髪による刺激がおもな原因とされています。前髪を上げる、しっかり髪をすすぐといった対処を行いましょう。

 

おもにホルモンバランスの乱れによって、ニキビが生じます。
内臓との関わりが深く、胃腸の荒れや便秘、肝機能障害によっても引き起こされます。食物繊維を摂り、ストレスのない生活を心がけましょう。カフェインの摂り過ぎにも注意してください。

 

鼻は紫外線が当たりやすい部位です。また常に外気にさらされているため、汚れが溜まりやすい部位でもあります。
保湿と洗顔を入念に行いましょう。
食生活では、刺激性の強いものを控えると効果的です。

 

アゴ、口の周り

アゴや口の周りのニキビは食事に深く関係しています。
腹八分目と、脂っぽい食べ物を控えるよう心がけてください。
また、枕カバーやマフラー・ストールといった顔に触れるものを清潔に保っておくことも大切です。頬づえも肌に悪影響を与えます。頬づえをつく癖がある人は意識して、つかないようにしましょう。

 

 

関連ページ

汗はニキビの味方
ニキビができない肌は、健康的な汗を掻く肌です。汗を掻かない肌は健康的とはいえません。それどころか、老廃物を溜め込んだ悪い肌とすらいえます。
潰して治すニキビ治療
皮膚科でニキビの診療を受けると、潰して治すニキビ治療を勧められることがあります。しかし、皮膚科の医師が推薦しているからといって、全面的に正しい治療方法であるとは言い切れません
本当に知ってる?アクネ菌の実態

ニキビの原因として有名なアクネ菌ですが、実は悪い菌ではありません。
アクネ菌は、皮膚のバランスを保つために必須となる菌です。ニキビのない健康な肌にもアクネ菌は常駐しています。

背中ニキビは何故できる?

背中は汗腺が少ない部位です。しかしながら、顔の次にニキビが発生しやすい部位として挙げられています。
その理由は、汗腺が少ない割に汗をよく掻くからです。
背中は他の部位と比べて、10倍の汗を掻く部位だと言われています。

大人ニキビ向けのニキビ対処法

大人ニキビと思春期ニキビは、同じニキビですが発症原因が違います。
思春期ニキビは、汗を掻きやすい春~夏が発症しやすい季節です。
大人ニキビは季節を問わずに発症します。