大人ニキビ 敏感肌 ケア

MENU

敏感肌のニキビケア

お肌がデリケートに傾きやすい敏感肌の方は、大人ニキビを始め、様々な肌トラブル、肌悩みを繰り返してしまいがちです。敏感肌の方にとって、ニキビケア化粧品は刺激が強いイメージもあるかもしれません。ですが、大人ニキビに着目したコスメであれば、お肌への優しさにこだわった低刺激なものもあるので、ケアがしやすくなっています。

 

敏感肌の大人ニキビはこうして起こる!

敏感肌というのは、肌の表面を紫外線やホコリ、雑菌などの外的刺激から守っている「バリア機能」が低下してしまっている状態です。つまり、お肌が常に危険な状態にさらされていると考えると良いですね。そのため、アクネ菌などの影響も受けやすく、大人ニキビも発症しやすいのです。

 

また、このバリア機能は外的刺激から守ると同時に、お肌の内側から潤いが逃げてしまうのを防ぐ働きもしています。これがうまく働かなくなることで、潤いがどんどん逃げてしまい、乾燥し、ターンオーバーの低下や皮脂の過剰分泌を招いて毛穴が詰まり、ニキビが起こるということもあります。

 

一見、皮脂が少ないことで大人ニキビが起こり難そうに感じられる敏感肌ですが、実はそういうわけではないのです。

敏感肌の大人ニキビケア

敏感肌の大人ニキビケアでは、

 

  • 低刺激な大人ニキビ化粧品を選ぶこと
  • お肌にしっかり潤いを与えること
  • 適度な油分でお肌を守ること

 

という3つのポイントが重要になります。特に化粧品選びは重要なポイントです。極力、お肌に負担がかかるような成分を排除した、優しい化粧品を選んでいきましょう。

 

大人ニキビ化粧品は、大人になってから発症するニキビには「乾燥」が関係しているという点に着目し、潤い成分を多く配合したものが多いですね。そういった保湿力に優れたコスメを選び、丁寧にお肌に馴染ませて、バリア機能を回復させることも大切です。

敏感肌の大人ニキビケアの注意点

敏感肌の場合、大人ニキビのケアをする際に注意すべき点があります。それは、お肌に摩擦や刺激を与えないという点ですね。

 

例えば過剰なクレンジングやゴシゴシ洗いの洗顔、熱いお湯でのすすぎ、コットンや手の平でこすりつけるように馴染ませる化粧水・美容液・クリーム・・・こういったことは、お肌にとって多大なダメージとなっており、敏感肌悩みを悪化させる恐れがあります。

 

表皮の厚みはティッシュペーパー1枚程度しかありません。そんなお肌を傷つけないように、優しく、腫れものに触るくらいの間隔でお肌をケアしていきましょう。

関連ページ

普通肌
普通肌というのは、お肌の水分と油分のバランスが整った、いわば理想的な肌状態です。この肌質の場合、大人ニキビも起こりにくく、普段はニキビケア化粧品とは無縁かもしれません。ですが、だからこそ、できてしまった時に正しい対処ができない可能性もあるのです。
脂性肌
大人ニキビ悩みを抱える方で特に多いのが、脂性肌です。油分が多めの肌であるために、どうしても毛穴が詰まりやすく、詰まった毛穴の汚れをエサにアクネ菌が増えやすい傾向があります。肌質そのものから変えていくケアをしていくのが、大切なポイントですね。
乾燥肌
空気の乾燥やちょっとしたストレスで、お肌がカサカサしてしまう乾燥肌。様々なトラブルが発生しやすい、厄介な肌質でもあります。そんな乾燥肌は一見、大人ニキビとは無関係に思われがちですが、実は乾燥しているからこそ起こりやすいのが、大人ニキビなのです。
混合肌
皮脂が多い部分と少ない部分が、顔の上に混在しているのが混合肌です。全体的に同じ状態ではないので、ケアをするにも厄介な部分ですよね。できることなら、大人ニキビそのもののケアだけでなく、肌質自体を変えてしまうケアを実践していきましょう!