大人ニキビ 混合肌 ケア

MENU

混合肌のニキビケア

皮脂が多い部分と少ない部分が、顔の上に混在しているのが混合肌です。全体的に同じ状態ではないので、ケアをするにも厄介な部分ですよね。できることなら、大人ニキビそのもののケアだけでなく、肌質自体を変えてしまうケアを実践していきましょう!

 

混合肌の大人ニキビの傾向

混合肌は、おでこや鼻すじといった皮脂の多いTゾーンはテカテカしてしまうのに、口周りなどUゾーンと言われる部分は極度に乾燥してしまうという肌質です。この肌質の方は特に、大人ニキビを繰り返しやすい傾向があります。しかもできてしまったニキビが治癒しにくいという点も、悩みの種ですね。

 

このような混合肌状態が生じてしまうのは、お肌の水分バランスが乱れていることの証拠でもあります。潤いと油分のバランスが整っていないからこそ、大人ニキビも発生しやすいのです。

混合肌の大人ニキビケア

では、お肌の部分により状態が違う混合肌には、どんな大人ニキビケアが良いのでしょうか?

 

Tゾーン

ベタベタしがちなTゾーンは化粧水をたっぷり使い、保湿した後、油分の多いアイテムは控えめに重ねましょう。

Uゾーン

カサカサしやすい部分は化粧水をたっぷり浸透させた後、乳液やクリームもしっかり重ねます。美容液などもプラスアルファで、乾燥する部分のみ使用すると効果的に肌のバランスが整います。

 

お肌の部位別に、スキンケアコスメの量とステップの数を変えてあげることが、この肌質とうまく付き合っていくコツですね。こういったひと工夫を行っていくことで、混合肌という厄介な肌質そのものを変えることもできるかもしれません。

混合肌のニキビケアは洗顔も大切!

混合肌という肌状態を改善していくためには、洗顔の際からちょっとした工夫が必要です。泡立てた洗顔料を、何も考えずにお肌に乗せてゴシゴシするのではなく、まずTゾーンから泡を乗せていきます。

 

乾燥しがちな部分は最後に泡を乗せ、きめ細かい弾力泡を転がすように洗浄してから、ぬるま湯で優しく洗い流しましょう。熱いお湯を使うと、お肌がひどく乾燥してしまうのでご法度です。夏場の水道水のような、かなりぬるい温度のお湯で優しくすすいでいきます。

 

このような洗顔方法を実践していけば、必要な潤いを保ちながら、スッキリ洗い上げることができます。

関連ページ

普通肌
普通肌というのは、お肌の水分と油分のバランスが整った、いわば理想的な肌状態です。この肌質の場合、大人ニキビも起こりにくく、普段はニキビケア化粧品とは無縁かもしれません。ですが、だからこそ、できてしまった時に正しい対処ができない可能性もあるのです。
脂性肌
大人ニキビ悩みを抱える方で特に多いのが、脂性肌です。油分が多めの肌であるために、どうしても毛穴が詰まりやすく、詰まった毛穴の汚れをエサにアクネ菌が増えやすい傾向があります。肌質そのものから変えていくケアをしていくのが、大切なポイントですね。
乾燥肌
空気の乾燥やちょっとしたストレスで、お肌がカサカサしてしまう乾燥肌。様々なトラブルが発生しやすい、厄介な肌質でもあります。そんな乾燥肌は一見、大人ニキビとは無関係に思われがちですが、実は乾燥しているからこそ起こりやすいのが、大人ニキビなのです。
敏感肌
敏感肌の方にとって、ニキビケア化粧品は刺激が強いイメージもあるかもしれません。ですが、大人ニキビに着目したコスメであれば、お肌への優しさにこだわった低刺激なものもあるので、ケアがしやすくなっています。