大人ニキビ 更年期

MENU

更年期の大人ニキビに注意!

大人ニキビ、という言葉はよく耳にしますが、「大人と言っても皮脂量が多い20~30代の話では?」と考えている方も多いでしょう。確かに20~30代頃には「まだ若いから」と油断して生活習慣が乱れ、大人ニキビを繰り返す人が多いですね。ですが実は、大人ニキビというのは40代、50代になり、特に更年期を迎えた女性にとっても要注意なものなのです。

 

更年期に大人ニキビが発生するかも!?

これまで大人ニキビとは無縁だったという方でも、更年期になると、これが発生してしまう恐れがあります。もちろん、これまでもニキビに悩まされ続けたという方も、更年期は引き続き、あるいはさらに悪化して大人ニキビが発生するリスクがあるのです。ではどうして、更年期になると大人ニキビが多りやすくなるのでしょうか?

 

その原因としては、主に以下のことが考えられます。

 

  • ホルモンバランスの乱れ・・・閉経によりエストロゲンが減り、プロゲステロンが増えます。
  • お肌の老化・・・40代頃になると、皮膚のターンオーバーが乱れはじめ、これが原因で古い角質が溜まりやすくなり、大人ニキビが起こりやすくなります。

 

更年期の大人ニキビは、20代、30代とはまた違った感覚のものですね。

更年期ニキビの特徴

更年期に発生する大人ニキビは、20代、30代の頃とは違った特徴を持っています。

 

  1. 慢性化しやすく、しっかり対策しないと改善されにくい
  2. あご、フェイスラインに多くできる
  3. 外側からのケアだけでは治癒しにくい

 

これらの特徴を押さえて、更年期には更年期ならではの大人ニキビ対策をしていく必要があります。お肌の質そのものを改善するくらいのつもりで、本気のケアをしていかないと、更年期ニキビを根本から解消するのは難しいと言えますね。

更年期ニキビの対策

まず更年期ニキビに対策する方法として、外側からのケアでは、大人ニキビ化粧品を使ってしっかりと保湿をすることが重要です。潤いを補給し、水分と油分のバランスを整えてあげることで、お肌のターンオーバーが改善されやすくなります。

 

ターンオーバーが改善されれば、古い角質が溜まりにくく、アクネ菌が発生しにくい状態になりますね。それに、水分と油分できちんとバリア機能が形成されれば、外的刺激にも強くなり、アクネ菌などの雑菌に負けない素肌作りが可能となります。

 

それからもう1つ、忘れてはならないのが内側からの対策です。例えばザクロジュースを飲んだり、大豆製品を食べたりして、不足するエストロゲンを補給する工夫をしてみましょう。さらに生活習慣を整え、軽く運動したり質の良い睡眠をとるなどして、ストレスフリーな生活を送ることも、大人ニキビを慢性化させないためのコツです。

関連ページ

生理のリズムと深く関係!
大人ニキビと言われるものは特に、生理のリズムと深く関係していることが分かっています。そのため、この女性特有のリズムとうまく付き合うことが、大人ニキビケアの大きなポイントになるのです。
妊娠中と産後の大人ニキビ対策
多くの女性が人生の中で1度は経験する、妊娠や出産。ですが、この妊娠期や出産後という時期は特に肌悩みが発生しやすいということでも知られています。妊娠中、産後の大人ニキビに悩まされる方も多いでしょう。