大人ニキビ 化粧品 30代 原因 対策

MENU

30代の頃にできる大人ニキビ

30代頃になってくると、結婚や出産を経験した女性も増えてきますね。
そしてこの時期に非常に多いのが、体質の変化による肌の変化や、年齢による肌状態の悪化です。
これらが大人ニキビを悪化させる大きな原因になってしまうので注意が必要なのです。

 

30代の大人ニキビの原因

大人ニキビの原因として知られているのが、肌の乾燥、ストレス、ホルモンバランスの乱れですね。
30代頃になると、これらの悩みが一気に押し寄せてくる恐れがあります。

 

まず、30代はお肌の曲がり角とも言われるように、少しずつ年齢肌悩みが出て来たりして、乾燥しやすくなってきます。お肌の内部の成分が、20代の頃よりもグンと減少し、潤いを保つのが難しくなり、大人ニキビの大敵である「インナードライ肌」という状態になりやすいのです。

 

それから、子供ができたり仕事で中間管理職的な立場に立たされたりと、ストレスを抱えることも多くなります。これらが原因でホルモンバランスが乱れるといったことも、大人ニキビの大きな原因になってしまいます。

 

浸透力の高い保湿化粧品が大事!

30代の大人ニキビには、思春期ニキビのように皮脂を取るケアは通用せず、むしろ悪化させてしまう恐れがあります。
この時期に大切なのは、失われやすい肌の潤いをきっちり補給してあげることです。
ただ、徐々にターンオーバーが乱れてくるので、保湿力が高い化粧品でも内部までしっかり浸透せず、思うような効果が得られなくなる恐れがあります。

 

肌に塗布しても、いつまでもベタついているような化粧品はダメですね。
塗布後すぐにスーッと染み込んでサラっとするような、浸透力の高さにこだわる化粧品を選んで、大人ニキビが起こりにくい肌質を目指しましょう!

 

ストレス対策も同時に実施を!

30代になると、とにかくストレスを感じることも多くなってしまいます。
ストレスの発散というのも大切ですが、育児や仕事で忙しいと、そんな時間さえ取れなかったりするものです。そこで、とにかく大切にしたいのが睡眠ですね。

 

しっかり睡眠をとれば、お肌も心も身体も、1日に受けたダメージを修復する作用が働いてくれます。
そのため、大人ニキビを早く治癒させるためにも、しっかり睡眠をとることが大切なのです。
良質な大人ニキビ用の化粧品を用いて、しっかりスキンケアした後に質の良い睡眠をとれば、効果が高まることも期待できます。

関連ページ

20代の頃にできる大人ニキビ
10代の頃には思春期ニキビ、なんて呼ばれていたニキビも、20代になると大人ニキビとその呼び名が変わります。大人の階段を上ってからできるニキビは、原因が大きく変わり、対処法も10代の頃とは違ってくるので注意が必要です。
40代の頃にできる大人ニキビ
40代頃になってくると、アンチエイジングケアを考えたくなりますよね。ですが、この時期になってもなお、繰り返す大人ニキビに悩まされてしまう人がいます。そろそろ皮脂分泌も落ち着くはずのこの時期に、どうして大人ニキビができてしまうのでしょうか?
50代の頃にできる大人ニキビ
50代の頃には、大人ニキビに悩まされる方はかなり減少するでしょう。ですが、中にはどうしようもない大人ニキビに悩まされ続ける人や、この年代だからこその大人ニキビを発症してしまうという人もいます。