大人ニキビ 化粧品 40代 原因 対策

MENU

40代の頃にできる大人ニキビ

40代頃になってくると、そろそろアンチエイジングケアを考えたくなりますよね。
ですが、この時期になってもなお、繰り返す大人ニキビに悩まされてしまう人がいます。
そろそろ皮脂分泌も落ち着くはずのこの時期に、どうして大人ニキビができてしまうのでしょうか?

 

40代の大人ニキビの原因

40代になると、肌の機能が衰え始め、きちんとケアしてあげないと、ターンオーバーが大きく乱れてしまいます。ターンオーバーというのは、お肌が生まれ変わる周期のことです。
これがきちんと働いていれば、古い角質が剥がれ、新しいお肌にどんどん生まれ変わり、理想的な肌状態を保ちやすくなります。

 

若い頃の状態の良い肌だと28日周期で生まれ変わるというサイクルになっていますが、これが年齢と共に周期が長引いたり、うまく働かなくなってくるのです。
40代頃になると、このターンオーバーの乱れが顕著に現れやすくなりますね。
これは加齢以外にも原因があり、例えば肌の潤い不足なども、ターンオーバーの低下を招きます。

 

それから、40代になるとお肌の水分が減りはじめ、さらに皮脂分泌も減ってくるため、肌表面を守るバリア機能が低下するということも考えられます。
これにより、アクネ菌が侵入しやすい状態になってしまうのです。

 

ターンオーバーを促進しよう!

40代のニキビケアでは、ターンオーバーの促進に着目してみましょう。
まずターンオーバーを良くするためには、肌の状態を整えることが大切です。
しっかり保湿ケアをして、潤いに満ちた肌状態を作りましょう。

 

それから、剥がれにくい肌の表面の古い角質を、剥がすお手伝いも必要です。
優しい作用で角質まで落とせるクレンジングや洗顔料を使用して、意識的にターンオーバーを促進していきましょう。あとは食生活や睡眠など、生活習慣を整え、身体全体の代謝をアップさせるということも大切ですね。

 

お肌に足りない成分を補給!

年齢と共に、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、セラミドなど、美肌のために必要不可欠な成分がどんどん減少していってしまいます。
そんなお肌に足りない成分を上手に補給しながら、大人ニキビが起こりにくい健康な肌状態を維持してあげるということも大切です。

 

ニキビ症状がひどい時にはニキビケアコスメを使用し、状態が良い時にはアンチエイジングケアを取り入れるなど、工夫しながらケアを行うと良いでしょう。
ビーグレンなどは、ニキビケアのラインとアンチエイジングのラインとがありますので、これらをうまく組み合わせてみても良いですね。

関連ページ

20代の頃にできる大人ニキビ
10代の頃には思春期ニキビ、なんて呼ばれていたニキビも、20代になると大人ニキビとその呼び名が変わります。大人の階段を上ってからできるニキビは、原因が大きく変わり、対処法も10代の頃とは違ってくるので注意が必要です。
30代の頃にできる大人ニキビ
30代頃になってくると、結婚や出産を経験した女性も増えてきますね。そしてこの時期に非常に多いのが、体質の変化による肌の変化や、年齢による肌状態の悪化です。これらが大人ニキビを悪化させる大きな原因になってしまうので注意が必要なのです。
50代の頃にできる大人ニキビ
50代の頃には、大人ニキビに悩まされる方はかなり減少するでしょう。ですが、中にはどうしようもない大人ニキビに悩まされ続ける人や、この年代だからこその大人ニキビを発症してしまうという人もいます。