大人ニキビ 化粧品 50代 原因 対策

MENU

50代の頃にできる大人ニキビ

50代の頃には、大人ニキビに悩まされる方はかなり減少するでしょう。
この頃はどちらかと言うと、シミ、シワ、たるみなどの年齢肌悩みが頭をもたげてくる頃です。
ですが、中にはどうしようもない大人ニキビに悩まされ続ける人や、この年代だからこその大人ニキビを発症してしまうという人もいます。

 

50代の大人ニキビの原因

50代でできる大人ニキビは、女性ホルモンのバランスの変化が大きな原因であると考えられます。
女性の肌には、女性ホルモンのバランスが大きく関係しており、これは大人ニキビにも影響があることで知られていますね。

 

女性ホルモンには2種類あり、1つはエストロゲンというもので、これは潤って整った美肌を維持するのに役立ってくれるものです。
そしてもう1つはプロゲステロンというもので、これは皮脂量を増やしてしまう作用があると言われています。
50代になって閉経を迎える方も多く、そうなるとこのバランスが乱れ、エストロゲンの分泌量が減ったりプロゲステロンの分泌量が増えたりしてしまいます。
その結果、大人ニキビができやすい環境になってしまうのです。

 

女性ホルモンを整えるには?

女性は年齢と共に男性化するとも言われています。
男性ホルモンの分泌量も、年齢と共に増えるという説があり、これも皮脂量を増加させるので注意が必要です。そこで実践したいのが、女性ホルモン「エストロゲン」を増やすための働きかけです。

 

化粧品としては、ダマスクローズの香りを楽しめるラ・ミューテがオススメです。
このローズの香りには、エストロゲンの分泌を促進する働きがあると言われています。

 

また、食生活では女性ホルモンに似た作用を持つと言われる大豆イソフラボンを意識的に摂取してみましょう。あとは、ザクロなどもエストロゲンが含まれるので、積極的にザクロジュースを飲むのも良いでしょう。

 

年齢肌にも対処を!

この時期に大人ニキビができるのは、ホルモンバランスの乱れや体調の変化と共に、肌の水分と油分のバランスが乱れるということも挙げられます。年齢と共に乾燥しやすい状態がさらに加速され、しかもターンオーバーの低下により、1度できたニキビは簡単には治癒しない状態になってしまいます。
そこで、乾燥を和らげ、ターンオーバーを促進するために、年齢と共に減少する潤い成分をしっかり補給しながらケアしていきましょう。

 

例えば大人ニキビが治癒したら、リプロスキンを使って浸透力を高めながら、保湿力重視のアンチエイジングコスメでケアをするというのも良い方法ですね。

関連ページ

20代の頃にできる大人ニキビ
10代の頃には思春期ニキビ、なんて呼ばれていたニキビも、20代になると大人ニキビとその呼び名が変わります。大人の階段を上ってからできるニキビは、原因が大きく変わり、対処法も10代の頃とは違ってくるので注意が必要です。
30代の頃にできる大人ニキビ
30代頃になってくると、結婚や出産を経験した女性も増えてきますね。そしてこの時期に非常に多いのが、体質の変化による肌の変化や、年齢による肌状態の悪化です。これらが大人ニキビを悪化させる大きな原因になってしまうので注意が必要なのです。
40代の頃にできる大人ニキビ
40代頃になってくると、アンチエイジングケアを考えたくなりますよね。ですが、この時期になってもなお、繰り返す大人ニキビに悩まされてしまう人がいます。そろそろ皮脂分泌も落ち着くはずのこの時期に、どうして大人ニキビができてしまうのでしょうか?