大人ニキビ 化粧品 効果 ニキビ跡 ケア

MENU

ニキビだけじゃなくニキビ跡のケアも大事!

 

頑固なニキビ悩みが改善されても、ニキビ跡が残ってしまうと台無しですよね。
ニキビ自体が無くなっても、跡があれば治ったとは言い切れません。
肌の見た目も汚くなりますし、スッピンに自信が持てる肌とは言えない状態になってしまいます。
そこで、ニキビのケアの際には、同時にニキビ跡のケアも意識していきましょう。

 

保湿ケアの徹底で両方対策!

大人ニキビを改善するためには、化粧水等のアイテムでしっかり保湿ケアをしていくことが必要です。
そして、この保湿ケアには、ニキビ跡の改善という目的もあるのです。

 

しっかり肌を保湿し、潤いで満たしてあげると、肌のターンオーバーが促進されます。
ターンオーバーというのは、肌の生まれ変わりサイクル。
これが促進されることで、ニキビの跡が残った古い角質が剥がれ、徐々に新しい肌が蘇り、ニキビ跡が薄くなっていく効果が期待できるのです。

 

できたニキビは触らない!

ニキビの種類にもよりますが、ニキビができてしまっても、素人判断でつぶしたり触ったりすることはやめましょう。
潰すことで結果的に早く治すことができるニキビもありますが、それが原因で大きなニキビ跡が残ることもあります。

 

どうしても潰すべきと判断するニキビができた場合には、皮膚科を受診し、医師のもとで潰してもらいましょう。
医療機関では衛生面にも配慮しているので、跡が残る原因となる炎症も起こりにくくなります。
それに、潰した後のケアに用いる薬も処方してもらえるので、跡が残りにくくなりますね。

関連ページ

まずはニキビ跡を防ごう!
ニキビ跡は、できてしまうと簡単には消えてくれません。中にはシミと同じように、肌に色素沈着を起こしてしまっているニキビ跡もあります。シミを完治させるのが難しいように、こうしたニキビ跡も、消すのは非常に難しいことなのです。そこで大切になってくるのが、ニキビ跡ができるのを防ぐということですね。
ニキビ跡ができてしまったら・・・
対策してきたつもりなのに、ニキビ跡が残ってしまうこともありますよね。ここで大切なのは、諦めずにニキビ跡のための対策を行っていくことです。では、ニキビ跡にはどのような対策が必要なのでしょうか?