大人ニキビ 化粧品 効果 ニキビ跡 予防

MENU

まずはニキビ跡を防ごう!

 

ニキビ跡は、できてしまうと簡単には消えてくれません。
中にはシミと同じように、肌に色素沈着を起こしてしまっているニキビ跡もあります。
シミを完治させるのが難しいように、こうしたニキビ跡も、消すのは非常に難しいことなのです。
そこで大切になってくるのが、ニキビ跡ができるのを防ぐということですね。

 

できたニキビはすぐ治す!

ニキビ跡は、肌に長い間ニキビがあったり、ニキビが悪化して炎症を起こしたりした場合に、特に起こりやすくなります。
つまり、できたニキビをいかに早く治癒させるか、ということがニキビ跡を残さないために重要なポイントとなるのです。

 

ニキビができてしまったら、できるだけすぐにニキビケア化粧品を用いたり、皮膚科で治療を受けるなどして、完治を目指しましょう。
生活習慣面も即改善し、効率的に治癒させることが大切です。

 

「ニキビが気になってはいるけれど、忙しいから、落ち着いたらケアしよう」なんて考えていると、どんどんニキビ跡ができるリスクが高まってしまいます!
特に炎症が真皮にまで達してしまうと、治すことが非常に難しいクレーター状のニキビになる可能性があるので、そうなる前に治療していきましょう。

 

紫外線には要注意!

ニキビができた肌の状態で、紫外線を浴びてしまうと、その部分が色素沈着を起こしてしまいます。
こうなると、シミのような状態になり、簡単には消えなくなってしまうのです。

 

紫外線は、肌に様々なダメージをもたらします。
ニキビがある部位には特に注意して、紫外線ダメージから肌を守っていきましょう。

 

ニキビ肌にはUVクリームは使いにくいかもしれませんが、低刺激なUVクリームを選び、外出時にはしっかり塗布しましょう。
並行して、帽子やマスクなどで紫外線をカットすることも忘れないでください。

関連ページ

ニキビだけじゃなくニキビ跡のケアも大事!
頑固なニキビ悩みが改善されても、ニキビ跡が残ってしまうと台無しですよね。ニキビ自体が無くなっても、跡があれば治ったとは言い切れません。肌の見た目も汚くなりますし、スッピンに自信が持てる肌とは言えない状態になってしまいます。そこで、ニキビのケアの際には、同時にニキビ跡のケアも意識していきましょう。
ニキビ跡ができてしまったら・・・
対策してきたつもりなのに、ニキビ跡が残ってしまうこともありますよね。ここで大切なのは、諦めずにニキビ跡のための対策を行っていくことです。では、ニキビ跡にはどのような対策が必要なのでしょうか?