大人ニキビ 思春期ニキビ 違い

MENU

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビと思春期ニキビは、同じアクネ菌によって発生するお肌の病気です。ではなぜ、同じ原因で起こる症状でありながら、違った呼び方になっているのでしょうか?実はこれらのニキビは、原因に違いがあるのです。

 

大人ニキビの特徴

まず大人ニキビと呼ばれるものは、主に20代に入ってから繰り返し発生するニキビのことを言います。これは皮脂量が少ない頬や顎のラインにかけて発生しやすいのが特徴です。顔以外の背中や肩など、それほど皮脂の分泌が無いような部分にも発生することがあるのも、大人ニキビに見られる特徴の1つですね。

 

また、この大人ニキビが発生する大きな原因として考えられているのが、ホルモンバランスの乱れです。20代以上になった女性が、ストレスなどの要因によりホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンの分泌量が増加してしまうことで皮脂量がアップし、発生すると言われています。社会に出て多くのストレスにさらされる、大人ならではのニキビというわけですね。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビは思春期と呼ばれる10代の頃に発生するニキビですね。これはTゾーン、つまりおでこから鼻にかけての、皮脂量が多い部分に発生しやすいのが特徴です。過剰分泌した皮脂が毛穴を詰まらせ、アクネ菌のエサとなり、炎症を起こしてしまうというわけですね。

 

このような症状が起こるのは、思春期には成長ホルモンや性ホルモンの分泌量が急激に増加するため、皮脂量が増えやすいからです。増えた皮脂が毛穴を詰まらせてしまうので、皮脂量が特に多い部分に多発するというわけです。さらにこの年代では、まだ正しいスキンケアを知らない子も多いので、間違えたケアで悪化させてしまう例も少なくありません。

大人ニキビと思春期ニキビの大きな違い

大人ニキビと思春期ニキビは原因が大きく異なります。そして、対策の方法もまた大きく違ってくるものです。一般的に思春期ニキビは、思春期特有のものであり、ホルモンの分泌量などが落ち着けば症状が治まる場合が大半です。

 

ですが大人ニキビに関しては、正しいケアを行わなければいつまでも繰り返してしまう傾向があります。しかも放置すればどんどん悪化する可能性も高いので、早急な対応が必要です。

 

一見同じように見える大人ニキビと思春期ニキビは、実は原因も特徴も、対策の練り方も全く違っているのですね。

関連ページ

大人ニキビと思春期ニキビの共通点
大人ニキビと思春期ニキビには共通点も多数あり、対策するにあたっても、気を付けるべきところは似通っています。共通点も知っておくことで、家族でニキビ対策したい時などに知識を役立てることができますね。
大人ニキビと思春期ニキビの対策
大人ニキビと思春期ニキビは対策方法に若干の違いがあります。原因が違うわけですから、対策すべき点も少しずつ違ってくるというわけですね。だからこそ、思春期ニキビ用のコスメと、大人ニキビ化粧品という名目で販売されるコスメがあるということも理解できるでしょう。