大人ニキビ スキンケア 乳液

MENU

乳液が果たす役割とは?

化粧品の基本ステップの中に、乳液を含むものが多いですよね。
この乳液が果たす役割には、主に2つのものがあります。

 

水分と油分を中和させる

例えば、化粧水→乳液→クリームというステップでケアをすることが推奨される化粧品があったとします。
この場合、乳液が果たす役割は、水分である化粧水と油分であるクリームを中和させることです。

 

本来、水と油というのは混ざり合わない性質を持っています。
ですが、この間のステップに乳液を加えることで、化粧水とクリームが混ざり合い、肌の水分バランスを整えてくれる役割を果たすのです。

 

化粧水の蒸発を防ぐ

ニキビケアのためには水分でしっかり潤い補給して、乾燥を防ぐことが重要だというのはイメージできますよね。
ですが、乳液はベタつきの原因になるから使いたくないと考える方もいるかもしれません。
そんな乳液、使用しないと、せっかく化粧水で与えた潤いをどんどん蒸発させてしまうことにもなりかねないのです。

 

つまり乳液は、肌の表面から潤いが逃げてしまうのを防ぐ役割も果たしているということですね。
適量を使用して、せっかく与えた水分を肌の内部でしっかり保てるように働きかけましょう!

 

乳液の使い過ぎは厳禁!

乳液には、大切な役割がありますが、だからといって使えば使うほど良いというものではありません。
化粧水の場合には、たっぷり使うことが理想とされていますが、乳液は適量を守って使用することが重要です。
たくさん使い過ぎると、肌のベタつきの原因になります。
ニキビケアの観点でも、得策とは言えませんね。

 

乳液の使用時には、しっかりと用量を確認して、また自分の肌の状態と相談しながら、適量を使用するようにしましょう。

関連ページ

基本はクレンジング!
ニキビの大きな原因となっているのは、毛穴に詰まった角栓や汚れです。 また、肌表面に残った古い角質も、ニキビ菌のエサとなってしまいます。 そのため、そんな汚れを落とすためのクレンジングは大切なスキンケアの1つ。ニキビケアのためには、クレンジングも手を抜きたくないですね!
洗顔はモコモコ泡で!
ニキビケアという観点で言うと、毛穴に詰まった汚れまで絡め取って落とすことが重要となります。そのためには、キメの細かいモコモコ泡を作り出し、その泡で肌表面を転がすようにして洗顔することが有効なのです。
落とすケアの重要性
ニキビケアをはじめとするスキンケアでは、保湿などの「与えるケア」ばかりが注目されがちです。ですが、実は「与えるケア」よりも重要だと言われているのが、クレンジングや洗顔といった「落とすケア」なのです。
保湿ケアを徹底しよう!
大人ニキビの大きな原因の1つに、乾燥があります。この乾燥を防ぐことで、ニキビケアができるだけでなく、肌のターンオーバーが促進されてニキビ跡までできにくくなる効果が期待できるのです。つまり、ニキビケアのためには保湿ケアというのは非常に重要であるということが分かりますね。
クリームは必要!?
化粧品のシリーズにもよりますが、中には最後の仕上げに「クリーム」というステップがあるものもありますね。このクリームは、油分が多い化粧品なので、ニキビケアには不要なアイテムだと考えてしまう人もいるかもしれません。確かに、ニキビの原因の1つには「過剰な皮脂」がありますので、その点を考慮すると油分は不要だと思えてしまいますよね。ですが実は、そうとも言い切れないのです。
美容液も活用しよう!
ニキビケアを目的とした化粧品の中には、さらに効果を高めるために美容液がステップとして使われるものもありますね。こういったものを活用して、より効率的にニキビを改善していきましょう!
スキンケアはしっかり馴染ませよう!
スキンケアをする際に、潤いを与えるために様々なアイテムを重ね付けしていきますよね。その際、慌ててケアしてしまうと、肌の表面でアイテムが全て混ざり合った状態になり、ベタベタでうまく浸透しなくなってしまいます。使用感も悪くなりますし、せっかくの化粧品の効果も半減するので要注意ですね!
パックでスペシャルケアしよう!
スキンケアの基本は、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリームといったアイテムですね。これらのアイテムによるスキンケアは、毎日実践していくものです。そして、ニキビケアをより有効にするために、ぜひ取り入れたいのが「パック」というスペシャルケアなのです。
蒸しタオルを活用してみよう!
化粧品が持つ美肌効果を、より高めるアイテムとして、蒸しタオルという方法がありますね。この蒸しタオルは、ニキビケアにも高い効果が期待できるアイテムです。