大人ニキビ 黄ニキビ 対策

MENU

大人ニキビの種類と対策 | 黄色ニキビ

大人ニキビの種類の中でも、特にかなり深刻な状況と考えられるのが、黄色ニキビです。白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビの段階では、自宅でのセルフケアでどうにかしようとしていた方も多いでしょう。ですが、黄色ニキビまで来てしまったら、皮膚科を受診しなければどんどん悪化する恐れもあるので注意が必要です。

 

黄色ニキビとは?

黄色ニキビは、赤ニキビの炎症が悪化することで、膿が出てしまう状態です。黄色い膿が出ることにより、黄色く見えることからこのように呼ばれています。かなりの重症であり、ここで潰してしまった場合、ニキビ跡が残るリスクも非常に高くなります。

 

また、この状態まで進行したニキビは、肌の奥深いところにダメージを及ぼしている可能性があります。そのため、真皮層にまで炎症が達していた場合などは、デコボコのニキビ跡などが発生することもあるのです。そうなると、ニキビ跡の改善も難しくなると言われていますので、できればこの段階に来る前に完治させてしまいたいですね。

黄色ニキビの治療

黄色ニキビを改善したい時に、ニキビを潰して膿を絞り出そうとする方も多いですね。実際に、病院での治療でもそういったことを行う場合もありますが、これには注意が必要です。黄色ニキビはむやみに潰してしまうと、周辺の皮膚組織まで壊してしまい、ニキビ跡が大きくなる恐れもあるのです。

 

医療機関での治療としては、専用の器具を用いて膿だけを除去してくれるところもありますので、そういった治療が実施されるニキビ治療に定評のある皮膚科を選んで受診することが大切ですね。また、薬としては抗生物質などが用いられます。ニキビ治療薬では効果が得られない可能性もあるので気をつけましょう。

黄色ニキビのセルフケア

黄色ニキビはセルフケアで完治するのは難しいものです。ニキビがある時はできるだけ医療機関の指示に従ったセルフケアを行います。ですが、改善した後には、ニキビ跡を残さないためにも正しいセルフケアを行うことが大切ですね。

 

  1. きちんとクレンジング・洗顔をして清潔を保つ
  2. 大人ニキビ化粧品で保湿・ニキビ再発の予防
  3. ビタミン類をしっかり摂取

 

ビタミン類をたっぷり摂取することで、ニキビの再発を防ぐと同時に、黄色ニキビによるニキビ跡を速やかに改善することができます。お肌からも食事からも、ビタミンCやビタミンEをたっぷり取り入れてみましょう。

関連ページ

コメド
大人ニキビがごく初期の状態で、まだ炎症を起こしていない時には、角栓が詰まったようになります。これが初期ニキビ、コメドというものですね。この段階での適切なケアは、実はとても大切なのです。
白ニキビ
コメドの状態で改善することができなかった場合、毛穴の中に溜まった皮脂により、白く膨らんだ状態の白ニキビが発生します。中央が白くなっているニキビのことですね。これは初期ニキビの状態で、ここでもまだ、正しいケアによって悪化を防ぐことが可能です。
黒ニキビ・赤ニキビ
白ニキビの状態で正しいケアができずに、悪化してしまった場合、黒ニキビや赤ニキビと言われる状態になります。ここまで悪化してしまうと、改善するまでにかなり時間がかかる可能性も高いので注意が必要です。