大人ニキビ 黒ニキビ 赤ニキビ 対策

MENU

大人ニキビの種類と対策 | 黒ニキビ・赤ニキビ

白ニキビの状態で正しいケアができずに、悪化してしまった場合、黒ニキビや赤ニキビと言われる状態になります。これはその名の通り、黒く見えたり赤く見えたりしている状態ですね。ここまで悪化してしまうと、改善するまでにかなり時間がかかる可能性も高いので注意が必要です。

 

黒ニキビとは?

黒ニキビというのは、見た目が黒く見えるニキビです。これは、白ニキビの際に毛穴内部に詰まっていた皮脂が、酸化して黒くなることで起こります。皮脂は油ですから、空気中の酸素に触れると、黒く酸化されるのですね。これが、皮膚の表面からも黒く見えてしまうのです。

 

一見、見た目には深刻に見えてしまいますが、基本的には白ニキビが酸化しているだけですので、同じように皮脂を出す治療を受けることで、速やかに改善することも可能です。ですが、酸化した皮脂はお肌に対して強い刺激になる可能性も高いので、できるだけ早く治療を受けましょう。

赤ニキビとは?

見た目に赤くなってしまったニキビは、炎症を起こしてしまっています。これは、白ニキビの際に内部に溜まっていた皮脂をエサに、アクネ菌が増殖してしまった状態ですね。

 

この段階では、特にニキビ跡なども起こりやすくなっていますので、正しいケアを行い、炎症を速やかに鎮めていくことが大切です。医療機関で治療を受けた方が安心ですね。

 

また、赤ニキビになっている状態で、指で触れたりすると、さらなる悪化を招く恐れがあります。潰したり触れたりするようなことは避けて、ニキビ治療薬なども使用しながら、清潔を保ち、改善していきましょう。

黒ニキビ・赤ニキビのケア

黒ニキビや赤ニキビの段階になった時には、できるだけ医療機関で治療を受けることが第一です。そして同時に、家庭でも正しいケアを行い、根本的なところから肌を改善しましょう。

1.洗浄

毛穴に詰まった皮脂を優しく除去する働きかけが大切です。クレンジングで優しく汚れを溶かし出し、優しい泡による洗顔で毛穴汚れと角栓を除去してあげましょう。

2.保湿

黒ニキビ、赤ニキビの段階でも、もちろん保湿は重要です。炎症を鎮める作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムなどの有効成分を配合した大人ニキビ化粧品で、しっかり保湿ケアを行います。

3.しっかり睡眠

特に炎症を起こすような状態まで悪化している場合、肌のバリア機能や身体の免疫機能が低下していることも考えられます。疲れが溜まっている時などによく発生しますので、しっかり睡眠や休息を取り、生活面も改善しましょう。

 

見た目にも目立ってしまう黒ニキビや赤ニキビは、医療機関とホームケアの両立で、できるだけ速やかに完治させてしまいましょう。

関連ページ

コメド
大人ニキビがごく初期の状態で、まだ炎症を起こしていない時には、角栓が詰まったようになります。これが初期ニキビ、コメドというものですね。この段階での適切なケアは、実はとても大切なのです。
白ニキビ
コメドの状態で改善することができなかった場合、毛穴の中に溜まった皮脂により、白く膨らんだ状態の白ニキビが発生します。中央が白くなっているニキビのことですね。これは初期ニキビの状態で、ここでもまだ、正しいケアによって悪化を防ぐことが可能です。
黄色ニキビ
大人ニキビの種類の中でも、特にかなり深刻な状況と考えられるのが、黄色ニキビです。黄色ニキビまで来てしまったら、皮膚科を受診しなければどんどん悪化する恐れもあるので注意が必要です。