大人ニキビ化粧品 有効成分 酢酸トコフェロール

MENU

大人ニキビ化粧品の有効成分 | 酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールは、大人ニキビケア以外にも、様々な化粧品に配合されています。あまり親しみのある名称ではないので、この成分の正体はどういったものなのか、不安になってしまいますよね。では、酢酸トコフェロールの効果とはどういったもので、安全性についてはどうなのでしょうか?

 

酢酸トコフェロールとは?

酢酸トコフェロールというのは、α-トコフェロールを酢酸エステル化することで得られるビタミンEになります。このような専門用語を並べてしまうと、結局何なのか、よく分からなくなりますね。ですが、簡単に言ってしまえばこれは、ビタミンEです。

 

ビタミンEは食事から摂取する栄養素としても有名で、美肌やアンチエイジングに役立つことで知られていますね。そんなビタミンEを、化粧品に配合する際にはトコフェロールと呼ぶこととなっています。

 

ニキビケア用のコスメへの使用の他に、しもやけやひび、あかぎれの治療用外用薬に使用されたり、育毛剤にも使われている成分です。

酢酸トコフェロールの効果とは?

ビタミンEがお肌に良い効果をもたらすことで知られるように、酢酸トコフェロールもまた、お肌に直接塗布することで嬉しい効果を発揮してくれます。

 

  • 血行促進
  • 末梢血管拡張作用
  • 活性酸素の除去
  • 抗炎症作用

 

実は大人ニキビの大きな原因は、悪玉活性酸素であると言われています。悪玉活性酸素は、ニキビの炎症を拡大させてしまう作用があるのです。

 

そこで、酢酸トコフェロールの働きにより活性酸素を除去し、さらに抗炎症作用により赤みなどを抑えていくことで、大人ニキビの炎症の悪化、拡大を効果的に防ぐことができるというわけです。さらに、血行を促進して栄養が届きやすい状態にすることで、お肌のターンオーバーの促進にも役立ちますね。

酢酸トコフェロールの安全性

酢酸トコフェロールは人工的に作られている合成ビタミンEになります。適量の使用であれば問題はありませんが、使い方を間違えれば、副作用のリスクもあるので注意が必要です。

 

  • 食欲不振
  • 胃腸への負担
  • 中毒症状
  • 骨粗鬆症を招く可能性

 

これらは過剰に使用してしまった場合に懸念される副作用ですので、1日2回、適量を用いて行う大人ニキビケア程度では発症するリスクはほとんどありませんが、頻繁なケアや大量の使用をしないように気を付けましょう。

関連ページ

グリチルリチン酸ジカリウム
大人ニキビ化粧品の定番とも言える有効成分が、グリチルリチン酸ジカリウムですね。配合されているものは「ニキビへの効果が高い」というイメージが強いですが、実際のところ、この成分は安全なのか、またどういった効果をもたらしてくれるのか、よく知らないという方も多いのではないでしょうか?
サリチル酸
サリチル酸という成分は、そこまで知名度の高いものではありませんよね。そのため、「刺激が強いのでは?」「安全性は確かなの?」なんて不安を感じてしまう方も多いでしょう。では、サリチル酸というのは一体、どういった成分なのでしょうか?