大人ニキビ オイリー肌

MENU

オイリー肌でも保湿が必要?

オイリー肌でニキビケアの方法に悩んでいます。ニキビケアにも悩んでいますが、ニキビのために保湿を行うと、オイリー肌が酷くなってしまいそうで……。ニキビケアをしながら、オイリー肌も改善したいというのは、ワガママな悩みなのでしょうか?

ご安心ください。ワガママな悩みではありません。
何故なら、オイリー肌はニキビができやすい肌質だからです。
すなわち、オイリー肌を改善すれば、ニキビができにくい肌になることができます。ニキビケア商品は、こういった根本的なニキビの改善を目的として作られている商品です。

 

まずオイリー肌の仕組みから説明していきます。
どうして、オイリー肌になってしまうのか。これには、しっかりとした原因があります。元々の肌質や体質の問題ではありません。オイリー肌になってしまう原因は、実は「肌が乾燥しているから」なのです。

 

人間の体は環境に適応する能力を持っています。肌が乾燥している時には、脂を多く発生させて、自力で保湿を行おうとします。
この自力保湿作用によって、肌の表面は潤いますが、肌の奥深くは保湿することができません。よって、体は「もっと保湿しなきゃ!」と脂の量を増やしていきます。これがオイリー肌の原因です。

 

つまり、肌の奥深くを保湿することができれば、オイリー肌も改善できることになります。
また、オイリー肌が改善されれば、皮脂汚れが少なくなり、毛穴を清潔に保つことができます。その結果として、必然的にニキビができにくい肌へと生まれ変わることができるのです。

 

このように保湿はニキビ・オイリー肌の両方に対して、改善効果を生み出してくれます。中でもニキビケア化粧品のビーグレンは、肌の奥深くに保湿効果を届けることに着目した基礎化粧品ですので、オイリー肌の人にオススメです。

 

なお、保湿の効果を高めるためには、乳液よりも化粧水をしっかりと塗ることが大切です。これは、どんな化粧水・乳液でも変わりません。乳液は、化粧水の保湿力を逃さないための「蓋」と考えてください。乳液だけをベッタリ塗っていても、ニキビやオイリー肌は改善されません。

 

関連ページ

どうしてニキビケア商品じゃなきゃいけないの?
通販だとお試しできないので不安です。ドラッグストアで売られているニキビケア商品じゃダメなんですか?
女性ホルモンとニキビの関係って?
女性ホルモンがたくさん出ている時期には、ニキビが出やすくなると聞きました。私は生理前にニキビが増えます。でも、思春期の男の子も、ニキビに悩まされてますよね?本当に女性ホルモンとニキビって、関係あるんでしょうか?
赤・白・黒、ニキビの種類
ニキビには何種類かあって、それぞれ治し方が違うと聞きました。私が聞いたのは赤ニキビ、黒ニキビ、白ニキビです。どうやって治していけばいいのでしょうか?それぞれの治し方を教えてください。
大人ニキビケアにおける化粧水の役割
ニキビケアには化粧水が重要って本当ですか?それと、どんな成分を含んでいる化粧水が良いんでしょうか?オススメの化粧水を教えてください。
大人ニキビケア化粧品はいつまで使えばいい?
最近、ようやくニキビが減ってきました。ラ・ミューテのおかげです。でも一つ不安があって……。ニキビケア商品ってニキビが治った後も使い続けていくべきなんでしょうか?いつまで使えばいいんですか?
大人ニキビを根本から治すには
思春期を越えてから、大人ニキビに悩まされ続けています。ニキビケア化粧品を使えば、一時的に回復するのですが、使うのをやめたら、またニキビが出てきます。ニキビを根本的に治すには、どうすれば良いのでしょうか?