大人ニキビ 背中ニキビ

MENU

背中ニキビは何故できる?

背中は汗腺が少ない部位です。しかしながら、顔の次にニキビが発生しやすい部位として挙げられています。
その理由は、汗腺が少ない割に汗をよく掻くからです。

 

背中は他の部位と比べて、10倍の汗を掻く部位だと言われています。
また、背中は洗いにくいため、汚れをしっかり落とせていなかったり、汚れが落ちていても、シャンプーや石けんが残っていたり、という問題が発生しやすい部位なのです。

 

お風呂でしっかり洗っていても、お風呂を上がった後に背中へコンディショナーが付着してしまうことがあります。
特に髪の長さが肩を越えている場合、髪が乾ききるまでは首からバスタオルを掛けるなり、雫が垂れないようまとめておくなり、背中を守るための対策を講じる必要があります。

 

汗を掻きやすいわりには露出することが少ない部位ですので、汗が乾きにくい・汚れが酸化して皮膚に悪影響を与えやすい、ということも覚えておきましょう。運動した後は早めにシャワーを浴びて、汗を流してください。
半身浴などで汗を掻いた場合、しっかりと拭き取ることが大切です。

 

なお、背中のニキビには、いちご、キュウイ、グレーフルーツといったビタミンCを豊富に含む果物や、ピーマンやさつまいも、ブロッコリー、パセリ、カリフラワーなどの緑黄色野菜の摂取が効果的です。特にビタミンCを含む食品は、皮膚細胞のターンオーバーを促進します。

 

逆に、チョコレートやケーキといった糖質、もち米が原料となっているせんべいなどは控えたほうが良いでしょう。
糖質は血糖値を急激にアップさせます。血糖値が急激に高まると、交感神経が刺激を受けて、興奮状態になってしまうため、ニキビの元となるホルモンが多く分泌されてしまいます。

 

 

関連ページ

汗はニキビの味方
ニキビができない肌は、健康的な汗を掻く肌です。汗を掻かない肌は健康的とはいえません。それどころか、老廃物を溜め込んだ悪い肌とすらいえます。
潰して治すニキビ治療
皮膚科でニキビの診療を受けると、潰して治すニキビ治療を勧められることがあります。しかし、皮膚科の医師が推薦しているからといって、全面的に正しい治療方法であるとは言い切れません
本当に知ってる?アクネ菌の実態

ニキビの原因として有名なアクネ菌ですが、実は悪い菌ではありません。
アクネ菌は、皮膚のバランスを保つために必須となる菌です。ニキビのない健康な肌にもアクネ菌は常駐しています。

同じところに繰り返しできるニキビ

同じ場所にニキビができる理由は、部位によって理由が違います。
部位ごとの原因を知って、適切な対処を行っていくことが大切です。
まずは、全てのニキビに共通している原因を挙げていきます。

大人ニキビ向けのニキビ対処法

大人ニキビと思春期ニキビは、同じニキビですが発症原因が違います。
思春期ニキビは、汗を掻きやすい春~夏が発症しやすい季節です。
大人ニキビは季節を問わずに発症します。