大人ニキビ 対処法

MENU

大人ニキビ向けのニキビ対処法

 

大人ニキビと思春期ニキビは、同じニキビですが発症原因が違います。
思春期ニキビは、汗を掻きやすい春~夏が発症しやすい季節です。
大人ニキビは季節を問わずに発症します。
これは思春期ニキビの原因が皮脂の過剰分泌であるのに対して、大人ニキビの原因はストレスや体調不良、睡眠不足、女性であれば生理など、多岐に渡っているからです。

 

つまり、大人になってからニキビに悩まされている人は、季節を問わずにニキビと戦っていかなければならないことになります。
20代~30代になってから、頬、口の周り、アゴなどにニキビができるようになった人は、「自分のニキビは大人ニキビだ」と自覚してください。
大人ニキビには、大人ニキビに適した対処法があります。

 

ピルを飲む、というのも大人ニキビならではの対処方法です。
ピルは生理周期を計画的に管理するだけでなく、ホルモンバランスを整えるという作用もあります。乱れていた生理周期を整えることによって、ホルモン分泌のバランスも整えることができるのです。

 

ただし、ピルは毎日、飲み続けなければ効果がありません。
なおかつ、日本の薬局で購入するためには医師の処方箋が必要となります。生理が安定していない思春期の女性には、もちろん服用できません。

 

ピルを使わないホルモンバランスの改善には、アロマテラピーがオススメです。特にバラの香りは、ホルモンの分泌を司る交感神経に良い効果をもたらします。同時に、リラックス効果も得られるため、良質な睡眠を獲得することもできます。

 

ニキビ化粧品のラ・ミューテも、バラの香りによるホルモンバランスの調整に着目しています。生理前、ニキビが酷くなる人に、大きな効果をもたらすニキビケアのアイテムです。

 

 

関連ページ

汗はニキビの味方
ニキビができない肌は、健康的な汗を掻く肌です。汗を掻かない肌は健康的とはいえません。それどころか、老廃物を溜め込んだ悪い肌とすらいえます。
潰して治すニキビ治療
皮膚科でニキビの診療を受けると、潰して治すニキビ治療を勧められることがあります。しかし、皮膚科の医師が推薦しているからといって、全面的に正しい治療方法であるとは言い切れません
本当に知ってる?アクネ菌の実態

ニキビの原因として有名なアクネ菌ですが、実は悪い菌ではありません。
アクネ菌は、皮膚のバランスを保つために必須となる菌です。ニキビのない健康な肌にもアクネ菌は常駐しています。

同じところに繰り返しできるニキビ

同じ場所にニキビができる理由は、部位によって理由が違います。
部位ごとの原因を知って、適切な対処を行っていくことが大切です。
まずは、全てのニキビに共通している原因を挙げていきます。

背中ニキビは何故できる?

背中は汗腺が少ない部位です。しかしながら、顔の次にニキビが発生しやすい部位として挙げられています。
その理由は、汗腺が少ない割に汗をよく掻くからです。
背中は他の部位と比べて、10倍の汗を掻く部位だと言われています。