大人ニキビ 潰す

MENU

潰して治すニキビ治療

皮膚科でニキビの診療を受けると、潰して治すニキビ治療を勧められることがあります。しかし、皮膚科の医師が推薦しているからといって、全面的に正しい治療方法であるとは言い切れません。

 

ニキビを潰す治療方法は賛否両論です。

 

まず、ニキビを潰す利点を見てみましょう。
ニキビを潰す利点は「膿や芯を取り除いて、ニキビの炎症を早く鎮める」という点にあります。
潰れていないニキビの中には、コメドと呼ばれる角栓があります。コメドが毛穴を塞ぐことによって、内側に皮脂が押し込められ、その中でアクネ菌が繁殖し、炎症を起こした状態が赤ニキビです。
つまり、ニキビを潰す治療方法は、コメドの奥に溜まった膿や汚れを取り除き、ニキビを傷として治すという方針を取っています。
実際に皮膚科でニキビを潰して、素早くニキビを治せることもあるようです。しかし、少々リスクの高い治療方法でもあります。このリスクが、ニキビを潰す治療法の悪い点です。
では、ニキビを潰す治療法のリスクとは一体何でしょうか?
それは、「ニキビ跡が残る可能性がある」という点です。
ニキビは潰すと跡になる、とよく言いますが、これは皮膚科で潰しても同じことが言えます。しっかりと消毒された専用の器具でコメドを取り出すので、自分で潰すよりかはニキビ跡になりにくいものの、「絶対にニキビ跡が残らない」とは言い切れません。
しかし、ニキビ跡が残っても皮膚科の医師にクレームを申し立てることはできません。皮膚科で行われる治療は「炎症を鎮めること」です。
切開手術を行った後、傷跡が残っても文句を言えないのと同じです。

 

ニキビを潰す治療法には、合う・合わないがあると覚えておきましょう。
傷跡が残りやすい肌質の人は、ニキビ跡が残ってしまうリスクが高いため、皮膚科で勧められても断ったほうが無難です。
なお、潰したニキビは生傷と同じです。正しい洗顔を行い、医師に処方された薬をしっかりと塗って、清潔に保たなければニキビが再発してしまうこともあります。天然成分で作られた洗顔フォームで、刺激を与えないよう入念にケアしていきましょう。

 

 

関連ページ

汗はニキビの味方
ニキビができない肌は、健康的な汗を掻く肌です。汗を掻かない肌は健康的とはいえません。それどころか、老廃物を溜め込んだ悪い肌とすらいえます。
本当に知ってる?アクネ菌の実態

ニキビの原因として有名なアクネ菌ですが、実は悪い菌ではありません。
アクネ菌は、皮膚のバランスを保つために必須となる菌です。ニキビのない健康な肌にもアクネ菌は常駐しています。

同じところに繰り返しできるニキビ

同じ場所にニキビができる理由は、部位によって理由が違います。
部位ごとの原因を知って、適切な対処を行っていくことが大切です。
まずは、全てのニキビに共通している原因を挙げていきます。

背中ニキビは何故できる?

背中は汗腺が少ない部位です。しかしながら、顔の次にニキビが発生しやすい部位として挙げられています。
その理由は、汗腺が少ない割に汗をよく掻くからです。
背中は他の部位と比べて、10倍の汗を掻く部位だと言われています。

大人ニキビ向けのニキビ対処法

大人ニキビと思春期ニキビは、同じニキビですが発症原因が違います。
思春期ニキビは、汗を掻きやすい春~夏が発症しやすい季節です。
大人ニキビは季節を問わずに発症します。