大人ニキビ 悪化

MENU

ニキビが悪化する食べ物を避ける

食べ物の中には、食べるとニキビが悪化するものもあります。
食べてはいけないという禁止事項ではありませんが、なるべく避けたほうが、ニキビを素早く治療することができます。

 

ピーナッツ、アーモンド、チョコレート

ピーナッツ、アーモンド、チョコレートといった食べ物は、脂肪分や糖分を多く含んでいるため、皮脂の分泌を高めてしまいます。皮脂はニキビの大敵です。また、カフェインも含んでいるため、胃が弱い人は胃腸が荒れることによっても、ニキビが増えてしまいます。

 

牛乳

牛乳も、脂質を多く含んでいるため、皮脂の大量分泌による、ニキビの増加が危惧されています。なお、加工が多い牛乳ほど、皮脂の分泌の原因となる要素をたくさん持っています。

 

砂糖・加工食品

糖分や加工食品に含まれる食品添加物はニキビの発生率をアップさせてしまいます。その理由はインシュリンの急上昇です。インシュリンには血糖値を急激に上げる作用があり、血糖値が上がると交感神経が活発に動き始めます。交感神経が活発になると、アンドロゲンという皮脂の分泌を促すホルモンが分泌されるため、結果的にニキビの要因となってしまいます。

 

刺激物・辛い食べ物

辛い食べ物や刺激物には、体を温めて血行を促進する・代謝をアップさせるというメリットがありますが、胃や腸への負担も大きいため、過剰摂取はニキビを始めとした肌荒れを引き起こします。

 

コーヒー・紅茶

カフェインは胃腸に負担を掛けます。また、肌の栄養素となるビタミンB群の吸収を阻害するため、ニキビに良い影響は与えない飲み物です。

 

冷たい食べ物、飲み物

冷たい食べ物や飲み物は、消化の際、内臓に負荷を与えます。消化のためにより多くの血液を使うことになり、肌の水分を奪われてしまいます。さらに、体の内部が冷えてしまうため、長期的に摂っていると新陳代謝がダウンしてしまいます。

 

関連ページ

ニキビに効く栄養素を摂る
ニキビに効く栄養素を知って、日々の食事に反映させてみましょう。

ニキビ化粧品の使用と並行して、ニキビを治すのに有効な食べ物を摂取すれば、ニキビ治療の速度を飛躍的にアップさせることができます。

睡眠とニキビの関係
睡眠はニキビを始めとした肌トラブルに、大きな改善を促します。よく言われていることですが、しっかりと理由を把握している人は、意外と少ないのではないでしょうか?

そこで、ここでは、睡眠とニキビの関係をわかりやすく説明していきます。

運動はニキビに良い?
運動をしたら汗を掻きます。汗はニキビの天敵ですので、運動はニキビによくない!と思われがちですが、実はやり方次第で運動もニキビ治療に高い効果を発揮してくれるのです。

ここでは、どんな運動がニキビ治療の役に立つのか、紹介していきます。